前へ
次へ

不動産売却は一社に決めて行うべきか

買い物をするとき比較をするかもしれません。買うもの自体を比較するときもありますし、販売している相手を比較するときもあります。最近はインターネットで簡単に比較ができるのでそのサービスを利用するときもありそうです。最終的には買う対象や販売会社を一つに決めて行いますがその間にはいくつも会社を比較していきます。不動産を購入するときにも不動産会社をいろいろ比較しながら決めるでしょうが不動産売却の時にも決める必要がありそうです。ただその時に一社に決めて行うのか、複数会社を比較して複数会社に相談をしながら行うかの選択があります。どちらがいいのかを知っておく必要がありそうです。不動産売却を一社に決めて行うのは専任媒介契約と言われています。この契約をしたらその他の会社との相談はできませんしその他の会社がいいお客さんを見つけてきてもそのお客さんに売却はできません。専任媒介契約で不動産売却をするメリットは不動産会社の必死度になるでしょう。不動産会社はいろいろな会社と競争している状況だと必ずしも一生懸命売却先を探してくれるわけではありません。一方専任媒介契約だと他に競争相手がいないので必死で売却相手を探してくれます。ただその不動産会社自体の能力が低ければ希望通りの額、希望の期間に売却できないときもあるので注意が必要です。不動産売却においては専属専任媒介契約があり、こちらも一社に決めて行います。ただ不動産売却を希望する本人が売却先を見つけてきたときに不動産会社を通して売却が可能になります。更にあるのが一般媒介契約でこちらは複数の不動産会社に依頼ができます。不動産会社によって一般媒介契約だとやる気に差が出るものの、一般媒介契約でも必死に探してくれるところもあります。不動産売却においては一社に決めれば業者のやる気は引き出せますが業者によって結果が異なります。専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約のどの契約にしてもいかに良い業者を選ぶかが大事になりそうです。

気になるお家の値段
永大ハウス工業にお尋ねください。
無料査実施中!

住宅用地の紹介も可能
売却後のサポートも永大ハウス工業にお任せください

人口伸び率が高いから高く売れる
住む人の増加で需要あり!
宮城県富谷市では不動産売却が高くなります

Page Top